(株)巡の環 
担当:阿部
08514-2-1966

島の師匠たちの紹介

【海士町町長 山内 道雄(やまうち みちお)さん】
2002年に海士町長に初当選。現在2期目を務める。日本電電公社からNTTに変革したときの経験を活かし、大胆な行政改革と産業創出策を出している方です。  
【夕食交流会 濱中 美知子 (はまなか みちこ)さん】
郷土料理はもちろん、野山や海岸を自分の足で歩きまわり自ら採ってきた食材をアレンジして新メニューを創作することが大変得意な方です。また、民謡や踊りにも精通され、宴会の場をいつも盛り上げてくださいます。  
【大敷網 田仲 菊照(たなか きくてる)さん】
飯古建設(有)定置網事業部漁労長。大敷網と呼ばれる定置網漁船の運営を仕切られ、自ら定置網の設計や漁船のメンテナンスを行われています。仕事中は厳しく、仕事後は優しく、これぞ仕事人という熱い方です。  
【海士いわがき生産株式会社 
         大脇 安則(おおわき やすのり)さん】
海士いわがき生産株式会社代表取締役。海の仕事を愛し、いわがきの養殖をIターンの友人と平成10年から本格的に始める。日本初のいわがきの外洋養殖に成功し、 「春香」という名でブランド化されたいわがきはオイスターバーでも大人気です。  
【サンライズうづか 向山 剛之(むこやま たかゆき)さん】
農事組合法人サンライズうづか、海士町有機米研究会代表。農業を始めて40年以上。子や孫には安全で美味しいものを食べてもらいたいと、こだわりの米作りに励んでいる。10年近く前からアイガモ農法などの無農薬農法に取り組んでいる方です。
【隠岐島前神楽保存会 石塚芳秀(いしづか よしひで)さん】
神楽を代々守ってきた社家。島外に出ていたが、神楽を守るために帰郷。以後、海外や地元で神楽の公演を行ったりと、伝統文化の継承について様々な取り組みをしている方です。